通常開館時間
9:00~17:00
冬季開館時間
9:00~16:00
冬季:
12月1日~3月19日(冬季は土日のみ開館)
定休日
①月曜日及び祝祭日の翌日、12月19日~1月7日
②12月1日~3月19日:月曜日~金曜日
お気軽にご来館ください
0263-82-5570

グーテンベルグ42行聖書復刻版

寄贈いただいたグーテンベルグ42行聖書の復刻版。第一巻 見出しページ

  グーテンベルク42行聖書とは              1450年頃、ドイツのヨハネ・グーテンベルグによって、 活字によって印刷された世界最初のラテン語の聖書です。     各ページとも縦割り2段組、42行の構成になっており、”グーテンベルグ42行聖書”と呼ばれています。この聖書は羊皮紙に印刷されたものと手漉きの紙に印刷されたものがあり、      180部印刷されたが、完本はわずか22冊しか残っていないそうです。                           火薬、羅針盤とともに印刷技術の発明は、ルネッサンスの三大発明とされ、その技術の普及は宗教革命、科学革命にも影響を与えた。それまでの書物の制作は時間のかかる、めんどうな「写本」に頼っていた。たった一冊の聖書を作るのに多くの年月を要した。グーテンベルグは160から180の聖書を同時に仕上げるのに成功し、書物印刷文化の時代の幕開けを行った。

 グーテンベルグ42行聖書の復刻版                               今回寄贈いただいたグーテンベルグ42行聖書は、ドイツのイディオン社によるベルリン国立プロイセン文化財団図書館蔵のオリジナル(図書番号Inc,1511)を見本とした多色刷りの完全複製。   1282ページ。サイズは31.5cm X 44.5cm。中には約100点の多色刷りの細密画が原本どおりに再現されています。金箔・緑青・構造文様・刻印など4色から12色の写真印刷(チューリッヒのディースドルフの写真印刷会社で制作)。紙はVan Gelder=Buttenの特別誂えの紙を使用。本の表紙は、現存する完本の中で、最も美しいドイツのフルダのヘッセン州立図書館に収められている本(図書番号Inc.a.23)を忠実に複製したものです。複製版は限定895部。            日本販売総代理店 紀伊国屋書店から、この完全複製のグーテンベツグ42行聖書2巻      (各図書番号、323番)。                                  第一巻(「ヒエロニスム書簡」から旧約聖書「詩編」まで)、                  第二巻(  旧約聖書「箴言」から「マカバイ記Ⅱ」までと新約聖書の全部)。

 

 

入館料

大人:400円
   団体10名以上300円
高校生:300円
   団体10名以上200円
中学生以下 無料

館長ご挨拶

記念館館長 松尾恒史

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご来館ください。

井口喜源治記念館

0263-82-5570
住所

〒399-8303
長野県安曇野市穂高4312番地